後悔しない!本音の脱毛エステ選び

脱毛エステナビ

サロン別情報 銀座カラー

銀座カラーで行う全身脱毛やVIO脱毛の痛みは?

投稿日:

銀座カラーで行う全身脱毛やVIO脱毛による痛みはどのくらい?

エステサロンで脱毛処置を行うに当たり、どのくらいの痛みが発生するのか疑問を抱えている女性は少なくありません。

これは導入されている脱毛器によって違いがあり、銀座カラーではIPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛が取り入れられています。

  • 黒い部分に反応して熱で毛根に刺激を与える
  • ムダ毛が濃くて量が多い部位の脱毛では多少の痛みを感じる

上記のような方法で脱毛を行うため、銀座カラーではSSC脱毛やハイパースキン脱毛などの方式と比較すると痛いのが特徴です。

しかし、ゴムをパチンと弾いたような感じなので我慢できない痛みではありませんし、施術前や施術後に肌への負担を和らげるケアを行ってくれます。

それに、多少の痛みを感じるのは毛量の多いVIOラインで、全身脱毛で他の部位のムダ毛を処理する時には何も感じないこともあるでしょう。

  • VIOラインの脱毛は最初は痛いと感じやすい
  • 銀座カラーで処置を続けて少しずつ薄くなる
  • 4回目以降からだんだんと痛みが和らいでいく

こういった特徴があり、VIOラインでも最初の数回を我慢していれば余計な刺激なく脱毛処置を完了させられます。

「どうしても痛いのが嫌だ!」と考えている女性のために、以下では銀座カラーの全身脱毛やVIO脱毛で痛みを軽減する方法を幾つか挙げてみました。

念入りな保湿ケアで肌の乾燥を防ぐ

肌がカサカサと乾燥している状態でエステサロンの脱毛を受けることにより、どんなトラブルが引き起こされやすくなるのか見ていきましょう。

  • フラッシュを肌へと照射した際に痛みが増しやすい
  • 若さを失わせる原因となってシワができやすい
  • 痒みで肌を掻き毟ると雑菌の侵入で湿疹で悩まされやすい

乾燥した肌は皆さんが想像している以上にデリケートで、外部からの刺激に弱い状態となります。

脱毛期間中は痛みを感じやすくなるデメリットもあり、銀座カラーで施術を受けている最中は特に意識して保湿ケアを行わなければなりません。

銀座カラーではアフターケアとしてオリジナルのローションを使って保湿をしてくれますが、日頃から自分で乾燥を防ぐ対策も必須です。

  • なるべく洗浄力の高すぎる石鹸やボディソープを使わない
  • 潤い成分がたっぷりと配合された化粧水やローションを塗布する
  • 乳液やクリームを使って肌に与えた水分を閉じ込めて保湿する

このようなスキンケアを毎日の生活に取り入れていれば銀座カラーの脱毛で痛みを感じにくくなりますので、元々乾燥肌や敏感肌の肌質の女性は念入りに行ってみてください。

銀座カラーの公式HP

脱毛のオプションの美肌潤美を利用する

銀座カラーでは脱毛のオプションとして、乾燥した肌を保湿ケアできる美肌潤美が取り入れられています。

肌のことを考えたオリジナルの保湿ケアで、美肌潤美の特徴を下記では簡単にまとめてみました。

・ヒアルロン酸やコラーゲン、天然ハーブなど様々な美容成分をマシンで高圧噴射する
・化粧水や美容液を手で塗布するのとは違って格段に高い保湿効果を得られる
・皮膚科医ドクターと共同開発されているので安全性が非常に高い
・自宅で保湿ケアが簡単に行える美肌潤美のローション&フェイスパックも用意されている

脱毛後の乾燥を改善できますし、肌の水分量を少しでも高くするケアで脱毛の施術時の痛みを効率良く軽減できるのです。

間違ったムダ毛の自己処理をしない

銀座カラーで脱毛を受ける前に、施術する部位のムダ毛をあらかじめ自己処理しなければなりません。

これはどのエステサロンでも同じなのですが、間違った方法で自己処理をしていると肌に余計な刺激が加わって痛みを感じやすくなります。

  • 毛抜きを使ってプチプチと抜いて毛根に無駄な刺激を与えている
  • ジェルやクリームを使わずにカミソリだけを使って剃っている
  • ムダ毛を処理した後に潤いを与えるスキンケアを行っていない

上記の方法は肌へと負担が加わりやすいため、カミソリや毛抜きではなく電気シェーバーとクリームの両方を併用して刺激を与えずに自己処理をしてみてください。

銀座カラーの公式HP

-サロン別情報, 銀座カラー

Copyright© 脱毛エステナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.